2014年08月01日

こぼれ幸(さいわい)

師匠である矢崎節夫先生が、2014年(第13回)童謡文化賞を受賞されました。
32年ぶりの第2童謡集『うずまきぎんが』出版に続き、目出度い☆\(^o^)/

↓授賞式の模様はこちら(JULA出版局さんのブログへ)
http://www.jula.co.jp/blog/2014/07/post_84.php

先週の土曜日の夜、うちのゼミ生でお祝いの席を設けました。幹事さんはじめ心を砕いてあれやこれや準備してくださったの方々には、本当に感謝です。

その席で、各人『うずまきぎんが』の中から好きな一編を選んで朗読(出来れば暗誦)し、なぜその一編を選んだかを語るという企画がありました。
曲がりなりにも音楽をやっているわたくし(笑)、前日になって、どれかに曲を付けて歌として贈りたいと思い付き、『うずまきぎんが』の最後に掲載されている「とき」を選びました。選んだというより、「とき」のページを開いた時、メロディが私に下りてきてくれたのです。
翌朝それをざっくりと楽譜に書き留め、言葉のイントネーション等に合わせて微調整し、移動中の電車でも少し直して、出来たてほやほやを披露させていただきました。(そして、後で清書した楽譜を送ることに。)
ほかの方が選んだ一編、その選んだ理由やエピソードにもそれぞれの個性が出て、とても興味深かったです。

それと、こぼれ幸(さいわい)の話!
「こぼれざいわい」(“さ”でなく“ざ”)という言葉は、デジタル大辞泉に「思いがけなく転がり込んできた幸運。僥倖(ぎょうこう)。」という意味で載っていますが、この日に聞いた「こぼれ幸」はニュアンスが違っていました。
矢崎先生の童謡文化賞受賞を受けて、ある方が「そのことは、私にとって“こぼれ幸”だから」とおっしゃったのだそうです。その言わんとするところは、「ある人にいい事があると、周りの人が(そのお裾分けをもらったように)自分のことのようにしあわせな気持ちになる」と。
いい言葉を聞いた♪♪♪と思った私たちの間で、お祝いの会に相応しく、にわかに「こぼれ幸」が飛び交いましたとさ。(笑)

このゼミの一員でいられて嬉しい、と改めて思えた素敵な会でした。
やむを得ず参加できなかったメンバーのところへも、こぼれ幸、届きますように。
posted by kayolier at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | as a storywriter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。